上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10003413002_s.jpg


大野 豊(おおの ゆたか、1955年8月30日 )


高校を卒業後、母子家庭で苦労をかけた母の為、
地元企業・出雲市信用組合へ就職し、三年間窓口業務や営業活動をこなしていた。


1976年秋、出雲で広島カープの野球教室が開かれ、講演を聞いた大野は、
啓示を受けたようにしばらく席から動けなかった。


これを機にプロ入りを決意し、
翌年二軍キャンプで一人だけの入団テストを受けて合格。
軟式野球出身、実績も皆無という異色の経歴で、
1977年ドラフト外で広島に入団した(契約金無し、年俸は月額12万5千円)。


1年目の1977年は1試合に登板したのみだったが、
阪神タイガース戦で1/3回を投げて掛布雅之ら阪神打線にメッタ打ちにされ、
自責点5、防御率135という天文学的な数字を残した。
この試合後、大野はあまりの悔しさに泣きながら太田川沿いを歩いて寮まで帰り、
帰寮直後には観戦していた友人から「自殺するなよ」という電話があったという。


1978年、南海ホークスからトレードされてきた江夏豊に見初められ、
二人三脚でフォーム改造に取り組み始める。
1981年には、リリーフに抜擢され、8勝11セーブ、
翌1982年には10勝11セーブを記録した。


1984年からは先発に転向し、日本シリーズ制覇、1986年のセ・リーグ優勝に貢献。
1988年には13勝7敗、防御率1.70という好成績で
最優秀防御率のタイトルを獲得、沢村賞も受賞した。
時速140キロ後半から150キロの速球に加え、様々な変化球を駆使する様は
『七色の変化球』と形容され、広島投手王国を支えた。


自身の結婚式には、当時の球団オーナーである松田耕平を招待したが、
松田は用意された来賓席ではなく、身内が座る末席に座った。
関係者が「オーナー、席はあちらです」と言うと、
松田は「いや、広島の選手はみんな息子みたいなもんだ」と話した。
母子家庭で父親のいない大野は深く感動し、涙を流した。


1997年には42歳にして防御率2.85で
2回目の最優秀防御率のタイトルを獲得。


しかし翌1998年、持病となっていた左腕の血行障害が悪化し、引退を決意した。


1998年9月27日、横浜戦。
広島市民球場での自身の引退試合。
既に消化試合であったにもかかわらず球場は満員御礼となった。
3対1とカープリードで迎えた8回表、いよいよ大野の登場である。
スタンドは大野コールに沸いた。
マウンドには、三村監督が直接大野を待って声をかける。 


横浜のバッターは左殺しの異名をとる中根。
キャッチャーはシーズン初めに大怪我をしたが、
この日のためにとマスクをかぶった西山。
43歳、左腕の血行障害でもう野球のできない体であったが、
あの独特のピッチングフォームから繰り出される速球は、まだまだ健在であった。
野村・正田・江藤たちチームメイトの目には涙があふれていた。
オーロラビジョンには、涙を必死にこらえる金本の顔も。
そして迎えたカウント2-3、最後は内角低めのストレートで中根を三振にしとめた。
投げ終えた直後の大野の表情は晴れやかな笑顔であった。


試合終了後の引退式での挨拶では、
「我が選んだ道に悔いはなし。
背番号24番、そしてファンの皆様、ありがとうございました」
と涙を見せずに締めくくった。


この引退挨拶には、広島の選手やファンはもちろんのこと、
対戦相手だった横浜ベイスターズの選手・ファンも涙していた。
22年という長期にわたり広島の黄金時代に貢献してきた功労者ということ以上に、
温和で誠実な大野の人柄がいかに球団の壁を越えて
多くの選手やファンに愛され、尊敬されていたかが窺える引退式であった。





最強ブログ集団 グーニーズ  http://gooneeds.com

スポンサーサイト
1427.jpg

大豊 泰昭(たいほう やすあき、1963年11月15日 - )


王貞治に憧れて台湾から1988年ドラフト2位で中日に入団。
王が持つシーズン最多本塁打記録55本(当時)を目標として背番号を55番とした。


入団当時、どんなボールでも手を出してしまう癖があり、監督である星野仙一は
「こいつのストライクゾーンは畳一枚分ある」といつも嘆いていた。


1994年には38本塁打107打点で本塁打と打点の2冠王を獲得
三振を恐れない豪快なスイングで活躍した。


シーズンオフには、故郷の台湾で
トレーニングの一環として農作業を行っていた。


1998年に交換トレードで阪神タイガースに移籍。


p55.jpg


ヒーローインタビューで流行語大賞を狙って
「ビール飲んでください!」と発言していたが全くはやらなかった。


2000年に契約声明文を書いている。
極めて達筆である。


taihoh_seimeibun.jpg


2001年、中日に復帰。
同年には台湾代表としてIBAFワールドカップに出場した。


2002年に引退


通算成績
1324試合 打率.266  277本塁打  722打点 
1057三振


tp1016-2.jpg


2004年には、名古屋市中区に中華料理店「大豊飯店」を開いた。
「この打撃フォームを目印にお越し下さい」
とホームページには書かれている。


041016misegamae.jpg


現在はマスターズリーグでも活躍中


46_14501c11eb531d.jpg



 


最強ブログ集団グーニーズ  http://gooneeds.com

 t15.jpg


エリック・ヒルマン(John Eric Hillman, 1966年4月27日  )


ロッテで活躍後、年俸2億5000万円の2年契約で巨人へ移籍。
即座に左肩を故障し、1997年は僅か2試合の登板(6イニング)にとどまる。


1998年、キャンプで数回だけ良いピッチングを披露するが、
「肩に違和感がある」という理由で再度離脱。


仮病説が囁かれる中
「左肩に小錦が乗っているようだ」
と球史に残る迷言で弁明、
その後も「肩に違和感」というフレーズを連発して登板拒否を繰り返した。


2軍落ちしてからは練習もそこそこに切り上げ、
昼にはサッサと帰宅していたことから「昼マン」とも呼ばれていた。


結局、この年は1度も登板せず、
堀内ヘッドコーチの怒りを買ってシーズン途中で解雇となる。


登板2試合、投球回数6回で5億円を受け取りながら、
「俺をミッチェルやグリーンウェルと一緒にしないでくれ」
とマスコミに反論し、
巨人退団決定後には「巨人に復帰するのが夢だ」とコメント。


「肩が治ったら巨人の入団テストを受けに帰って来る」
と言い残し日本を去った。


その彼を今も待っているファンは少ない。



 


最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

otr-v13.jpg


マイク・グリーンウェル


1997年に阪神球団史上最高額の年俸3億円超という条件で阪神へ入団。
超大物助っ人として阪神ファンの期待も高かった。


ところがシーズン前のキャンプ途中で背中の痛みを訴え一時帰国してしまう。
再度来日したのは4月下旬のことだった。


そして5月3日、甲子園でのゲームで、ついにグリーンウェルのお披露目を迎えた。
満足なトレーニングも積まない状態でのデビューながら、
4万人の観衆を集めた広島戦で、3塁打を含むいきなりの2安打2打点と活躍。


さらに翌日も決勝打を含む2安打2打点で、満員のファンを沸かせる。
グリーンウェルも
「強い阪神でガンガン打つよ!」
と頼もしいコメントを残しチームもいよいよ上昇気流に乗るかに見えた。


otr-v12.jpg


ところが、5日のゲームで1安打を打って以降、3試合ノーヒットが続いた。


そして5月11日、巨人戦で久々のヒットを打ったグリーンウェルだったが、
この試合で自打球を足に当て、骨折してしまう。
そしてなんと「こうなったのは神のお告げ」と言い、
引退を宣言し5月16日には帰国してしまう。


これをうけて当時の吉田義男監督は
「嵐のように来て嵐のように去っていった、つむじ風のような男だった」とコメント。
ファンの間では時期が時期だっただけに
GreenWellじゃなくてGoldenWeekだ」とも言われた。
通算成績は7試合 打率.231(26打数6安打) 0本塁打 5打点。


実は彼はアメリカでは非常に評価の高い選手である。
12年間レッドソックス一筋でプレーし、
メジャー通算成績は1269試合 打率.303 130本塁打。


greenwell.jpg

現在はフロリダに甲子園の20倍もの広大な敷地に、
「マイク・グリーンウェルズ・ファミリー・ファン・パーク」
という遊園地を建設してそのオーナーとなっている。
アメリカ旅行に行った時にはぜひとも立ち寄りたいものである。



最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

803.jpg
達川 光男  (たつかわ みつお 1955年7月13日)


広島県広島市出身のプロ野球選手(捕手・プロ野球監督、野球解説者)


ドラフトで広島に指名された時はパチンコで遊んでいる真っ最中だった。カープから指名したと挨拶の電話が入った時、後輩たちが慌てて呼びに行ったが「今、玉出よるけん」と言って台の前を動こうとしなかったという。



 update1965-img261x324-11646151319tatsukawa001.jpg


選手時代は、身体をかすってもいないボールを「デッドボールじゃ!」と激しく主張することで有名。本人は至って真面目なプレイであったと語っている。一度それが成功したのでその後は体に近い投球があれば無条件で一塁に走り出す技を会得した。内角球→一塁へ平然と走り出す→捕手と球審が呼び止める。ここからがワンマンショーの始まりである。


左腕を投球がかすめた際にとっさに右手で引掻き傷を作ったり、手の甲をつねって腫れさせて審判に主張し成功。その仕込みのためか左手をかすめたのに右手を差し出したという伝説もある。


グリップエンドにボールが当たったが球審にアピールしてデットボールが認められたこともある。当然いつものように激痛の演技をしていた。


あまりのしつこさに審判団も、協議の末「今後達川のアピールは一切認めない」と決定したらしい。


なお達川は日本シリーズでの最多死球6という記録を持っている。普段達川を見てないパ・リーグの審判には死球と判定してもらえたらしい。 


update1965-img276x339-1163042136217tatsukawa001.jpg

 捕手としての達川は「ささやき戦術」の達人として知られている。広島弁で「今日飲みに行くん?」などと全く関係ない話題を振って打者を混乱させたり、「初球はど真ん中にストレートが来る」とわざと配球を教え、いぶかしむ打者をよそにその通りの球を投手に投げさせ、見逃したところに「折角教えたったのに、もうあんなええ球来んぞ?」と煽る言葉を投げかけたり、好調な打者や主力打者に対して「悪いが一球顔の前に通させてもらうけえのう」と脅すなど、虚々実々の駆け引きを用いて投手陣を陰で支えた。


また、時には味方ピッチャーを大声でまくしたて、敵味方だけでなく観客の失笑を買うこともあった。ヤクルトの大杉勝男と対戦した際、マウンドの津田恒美のコントロールが定まらず、落ち着かせるつもりで「こいつぁー石ころじゃけぇ、安心して投げてきんさい!」と叫んだところ怒った大杉はその直後津田から特大ホームランを放つ。達川はベースを一周した大杉に「石ころだと?ふざけるな!」と一喝された上に思いきり頭を殴られている。


なお、しゃべると頭の回転が良くなり、リードが冴えてくるため、大洋ホエールズがある試合で「達川無視作戦」を実行「絶対喋るな!挨拶からするな!」とミーティングで選手に徹底したが功を奏したかは不明。


 また、彼は二度ほど試合中にコンタクトレンズを紛失したことがある。コンタクトレンズは当時は高価な品物であったため、二度とも試合は中断され、本塁付近で両軍入り乱れての大捜索劇となった。ただこれについては、長い間合いを取って投手を休ませるため、或いは時間切れ引き分けに持ち込むために達川が故意に紛失したもしくは紛失を装ったのではないか、という説もある。


 引退試合では「バットを乾かした方がよく飛ぶ」という話を聞いた達川は、自らのバットを火鉢で十分に乾かして引退試合に臨んだ。広島市民球場での試合ということもあり、打者として本塁打を狙っていたのだろう。しかし乾かしすぎたことでかえって脆くなってしまい、結局バットは折れて球も飛ばなかった。





p990722b.jpg


監督になってからも現役時代の「詐欺師」の姿勢は変わらず、新井貴浩の明らかなファールボールをホームランだと抗議し、審判だけでなくチームのコーチや選手にまで笑われたことがある。 抗議中側にいた走者に「入ってるって!なあ、お前見てどうだった?」と同意を求めたところ「どうでしょうね・・・。」と暗に否定した答えが返ってきたため「そうか!お前が言うんならファールじゃ」と踵を返してベンチに戻っている。


 


最強ブログ集団 グーニーズ    http://gooneeds.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。