上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 j_pl16.jpg


戸田 和幸(とだ かずゆき 1977年12月30日 - )


「相手に抜かれたら?蹴っ飛ばしてやればいいんですよ」
「サッカーを楽しんでやったことはない」
と語っている通り、激しいプレーが持ち味のMF・DF


1996年に清水エスパルスに入団。


is.jpg


1997年にはワールドユースに出場し、フル出場を果たす。


2001年にストッパーからボランチへ転向し、
コンフェデレーションズカップにて日本代表デビューを果たす。


戸田は選手を罵倒するトルシエスタイルに納得ができず、
ある合宿でトルシエに直接意見をぶつけた。
「ああいうやり方は納得できない。僕はあなたが嫌いです」
トルシエは
ときに監督に反発してでも、
しっかりとした自己表現ができる選手である戸田を歓迎した。


2002年の日韓W杯では真っ赤に染めたモヒカンで観客の度肝を抜いた。
4試合にフル出場し、ベスト16に貢献。


toda1-1-3.jpg

また同年の清水エスパルスのファン感謝デーでは、
三つ編みにブルマー姿で登場し、
BOØWYのオンリーユーを熱唱した。


toda.jpg

当日はかなり早く会場入りし、リハーサルもばっちり行ったらしい。
アンコールの声が小さいと、
「そんなんじゃ俺のハートに火はつかないぜ」

と煽り、ファンの間に飛び込んでいったという。


d238c59207f0f7e3a7a5cda2e8b6df79.jpg


2003年、W杯の活躍により
イングランド・FAプレミアリーグトッテナム・ホットスパーに移籍。


2004年にはオランダ・エールディヴィジADOデン・ハーグに移籍。


いずれも出場機会に恵まれず、満足な成績を残せなかった。
「こんなくそみたいなサッカーをするチームで、
ちょっとしか出られない僕は
本当にくそなんだろうなと思いました。
こんなくそみたいなサッカーしかできないところで、
10分しか時間をもらえない自分は本当にくそなのかなぁと。
いろんなことに腹が立ちましたけど」
と語っている。


2004年のJリーグ2ndステージから再び清水エスパルスに復帰。
2005年には東京ヴェルディ1969に移籍したが、チームはJ2に降格。
2006年からはサンフレッチェ広島へ移籍し、現在も活躍中。


 


最強ブログ集団グーニーズ http://gooneeds.com

スポンサーサイト
1427.jpg

大豊 泰昭(たいほう やすあき、1963年11月15日 - )


王貞治に憧れて台湾から1988年ドラフト2位で中日に入団。
王が持つシーズン最多本塁打記録55本(当時)を目標として背番号を55番とした。


入団当時、どんなボールでも手を出してしまう癖があり、監督である星野仙一は
「こいつのストライクゾーンは畳一枚分ある」といつも嘆いていた。


1994年には38本塁打107打点で本塁打と打点の2冠王を獲得
三振を恐れない豪快なスイングで活躍した。


シーズンオフには、故郷の台湾で
トレーニングの一環として農作業を行っていた。


1998年に交換トレードで阪神タイガースに移籍。


p55.jpg


ヒーローインタビューで流行語大賞を狙って
「ビール飲んでください!」と発言していたが全くはやらなかった。


2000年に契約声明文を書いている。
極めて達筆である。


taihoh_seimeibun.jpg


2001年、中日に復帰。
同年には台湾代表としてIBAFワールドカップに出場した。


2002年に引退


通算成績
1324試合 打率.266  277本塁打  722打点 
1057三振


tp1016-2.jpg


2004年には、名古屋市中区に中華料理店「大豊飯店」を開いた。
「この打撃フォームを目印にお越し下さい」
とホームページには書かれている。


041016misegamae.jpg


現在はマスターズリーグでも活躍中


46_14501c11eb531d.jpg



 


最強ブログ集団グーニーズ  http://gooneeds.com

 009.jpg


スキラッチ(Salvatore Schillaci, 1964年12月1日  )


一瞬のプレースピードの速さでゴールを量産したストライカー。


1981年に地元のクラブチーム・パレルモでデビュー。
翌シーズンにメッシーナへ移籍し、


チームのセリエB昇格に貢献。
自身も1988-1989シーズンのセリエB得点王になる。


その活躍が認められてセリエA・ユヴェントスへ移籍。
15得点を挙げてチームのタイトル獲得に貢献した。


また1990年3月31日のスイス戦で代表デビューを果たす。
イタリアW杯では7試合で6得点をマークし得点王
に輝くとともにゴールデンボール賞を受賞し、イタリアを3位へ導いた。


061212-schillaci4.jpg


1992年、インテルへ移籍。


1994年からはジュビロ磐田でプレー。
また頭髪が薄かったため中山雅史は「ハゲラッチ」とあだ名していた。


1995年には福田正博に次ぐ31得点を挙げた。


1996年に元日本代表FWの武田修宏が磐田にレンタル移籍してきた。
開幕前の練習の際、紅白戦でスキラッチと武田はかなり激しくやりあっていた。
そしてついにスキラッチは我慢の限界に達してしまう。
武田は一瞬にして事態を察知し両手で押さえようとしたが、
そのまま頭突きをお見舞いされ、前歯を3本折ってしまう
その後スキラッチは
「このカード(Jリーグチップスのスキラッチ選手のカード)を
あげるから許してくれ」
と謝罪している。
こんな訳の分からない謝罪であったが
「シーズン中で試合も続いているので許すしかなかった」と武田は語っている。


schira.gif


1997年シーズン早々に腰痛が悪化して帰国。
そのまま磐田を退団して現役を引退した。


また引退後に植毛したらしく、髪が増えている。
磐田のJ昇格10周年記念イベントに参加した際、
磐田の松崎社長(当時)が
「体型の変わった人も、髪の増えた方も……」とコメント。
場内は笑いが起きた。


地元イタリアではサッカー番組に特別ゲストとして出演するのはもちろん、
バラエティ・ショーから、あらゆるイベントに出演。
しかも一部の女性からは
「スキラッチって男らしくってセクシーね」
という声まで上がっているらしい。


05020302.jpg


Jリーグ78試合56得点  イタリア代表16試合7得点


 


最強ブログ集団グーニーズ  http://gooneeds.com

donizete.jpg

ドニゼッチ (Osmar Donizete Cândido、 1968年10月24日-)


1996年、「黒豹」という異名を持つ
現役ブラジル代表ストライカーとしてヴェルディ川崎に加入。
三浦知良との強力2トップが期待された。


しかし日本のサッカーにフィットできず、シーズン途中に
「首都高の渋滞に我慢できない」
という理由で退団。


黒豹どころか「借りてきた猫」と言われた。


退団後の1997年にはクルゼイロから、1998年にはヴァスコ・ダ・ガマから
二年連続でトヨタカップに出場した。


Jリーグ14試合6得点  ブラジル代表10試合2得点


 



最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

matsuda01.jpg

松田 直樹(まつだ なおき、1977年3月14日 - )横浜FマリノスのDF(CB)


中学3年の時から「将来の日本代表」として中田英寿とプレー。
中田の数少ない理解者であり
「ヒデを殴れるのは俺だけ」と松田は語っている。
ワールドユース・アトランタオリンピック・シドニーオリンピックなどで活躍。


トルシエジャパン時代はフラット3と呼ばれる
3バックの右サイドで不動のレギュラーとして活躍。
2002年の日韓W杯ではベスト16入りに貢献した。
「出さなきゃ殺すというオーラがある」(トルシエ)、
「マツさんは『なんだテメー!』と言いながら上がってく」(稲本潤一)
と言われているように熱いプレーが持ち味。


L010607_007.jpg

ジーコ監督時代は日本代表復帰を望む声も根強かった。
中田や中澤がドイツW杯代表に松田を招集するように
ジーコに直談判したという噂もある。
しかしジーコに再召集されることはなかった。


また熱いプレーゆえ警告・退場が多いカードコレクターな選手でもある。
ついには解説陣も
「すっかりマリノスも10人で戦う事に慣れたようで落ち着いていますね~」
というコメントが飛び出すほどだった。


n_matsuda002l.jpg


そんな彼はいつも嫁さんに髪を切ってもらい、 失敗すると坊主頭になるらしい。


matu1-4-1.jpg


 


最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

 t15.jpg


エリック・ヒルマン(John Eric Hillman, 1966年4月27日  )


ロッテで活躍後、年俸2億5000万円の2年契約で巨人へ移籍。
即座に左肩を故障し、1997年は僅か2試合の登板(6イニング)にとどまる。


1998年、キャンプで数回だけ良いピッチングを披露するが、
「肩に違和感がある」という理由で再度離脱。


仮病説が囁かれる中
「左肩に小錦が乗っているようだ」
と球史に残る迷言で弁明、
その後も「肩に違和感」というフレーズを連発して登板拒否を繰り返した。


2軍落ちしてからは練習もそこそこに切り上げ、
昼にはサッサと帰宅していたことから「昼マン」とも呼ばれていた。


結局、この年は1度も登板せず、
堀内ヘッドコーチの怒りを買ってシーズン途中で解雇となる。


登板2試合、投球回数6回で5億円を受け取りながら、
「俺をミッチェルやグリーンウェルと一緒にしないでくれ」
とマスコミに反論し、
巨人退団決定後には「巨人に復帰するのが夢だ」とコメント。


「肩が治ったら巨人の入団テストを受けに帰って来る」
と言い残し日本を去った。


その彼を今も待っているファンは少ない。



 


最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

otr-v13.jpg


マイク・グリーンウェル


1997年に阪神球団史上最高額の年俸3億円超という条件で阪神へ入団。
超大物助っ人として阪神ファンの期待も高かった。


ところがシーズン前のキャンプ途中で背中の痛みを訴え一時帰国してしまう。
再度来日したのは4月下旬のことだった。


そして5月3日、甲子園でのゲームで、ついにグリーンウェルのお披露目を迎えた。
満足なトレーニングも積まない状態でのデビューながら、
4万人の観衆を集めた広島戦で、3塁打を含むいきなりの2安打2打点と活躍。


さらに翌日も決勝打を含む2安打2打点で、満員のファンを沸かせる。
グリーンウェルも
「強い阪神でガンガン打つよ!」
と頼もしいコメントを残しチームもいよいよ上昇気流に乗るかに見えた。


otr-v12.jpg


ところが、5日のゲームで1安打を打って以降、3試合ノーヒットが続いた。


そして5月11日、巨人戦で久々のヒットを打ったグリーンウェルだったが、
この試合で自打球を足に当て、骨折してしまう。
そしてなんと「こうなったのは神のお告げ」と言い、
引退を宣言し5月16日には帰国してしまう。


これをうけて当時の吉田義男監督は
「嵐のように来て嵐のように去っていった、つむじ風のような男だった」とコメント。
ファンの間では時期が時期だっただけに
GreenWellじゃなくてGoldenWeekだ」とも言われた。
通算成績は7試合 打率.231(26打数6安打) 0本塁打 5打点。


実は彼はアメリカでは非常に評価の高い選手である。
12年間レッドソックス一筋でプレーし、
メジャー通算成績は1269試合 打率.303 130本塁打。


greenwell.jpg

現在はフロリダに甲子園の20倍もの広大な敷地に、
「マイク・グリーンウェルズ・ファミリー・ファン・パーク」
という遊園地を建設してそのオーナーとなっている。
アメリカ旅行に行った時にはぜひとも立ち寄りたいものである。



最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。