上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20050227140909.jpg


穴沢努 (あなざわ つとむ、1965年8月16日 - )


1995年12月に1級審判登録され、主にJリーグで主審を務める。


不安定で不可解なジャッジが多く、
一部のサッカーファンからは苗字の「穴沢」をもじって
「アナザーワールド」と呼ばれることもある。


しかし近年はレフェリングへの信頼が増し、ファンからは高い評価を受けている。


2005年J1第24節横浜F・マリノス対FC東京戦の後半ロスタイム、
東京のFWルーカスが同じ東京のDFジャーンと激突し頭部を強打、
脳震盪で意識不明に陥る事態が発生した。


ルーカスの意識は戻らず、両チームの選手が見守りジャーンが泣き崩れる中、
ピッチ内で点滴が施され、救急車が直接ピッチに入り込んで
そのまま病院へ搬送されるなどの緊急的な措置が施されたことにより、
試合を続行できる空気はなくなっていた。


なおもロスタイムは残っていたが、
この試合の主審を務めていた穴沢は再開後すぐに試合を終了し、
その判断は関係者やマスコミから高い評価を受けた。
(またルーカスの症状はそれほど重くなく、数日後にルーカスは復帰している)


2006年J1第25節ヴァンフォーレ甲府対ガンバ大阪戦の後半44分。
甲府GK阿部謙作がプレー中に相手のファールだと勘違いして
フリーキックの助走をつけるためにボールから離れた所を
ガンバ大阪のFW播戸竜二がシュートして得点した。


しかし穴沢は
「ファールじゃないけどダメ」
と言い得点を認めず、自分独自のルールを作った。


「アナザーワールド」は今も進化を続け、
新しいサッカーのルールをも創造する。


 


最強ブログ集団グーニーズ  http://gooneeds.com 

スポンサーサイト







Trackback URL
http://masao55.blog85.fc2.com/tb.php/19-64c54aae
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。