上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 j_pl16.jpg


戸田 和幸(とだ かずゆき 1977年12月30日 - )


「相手に抜かれたら?蹴っ飛ばしてやればいいんですよ」
「サッカーを楽しんでやったことはない」
と語っている通り、激しいプレーが持ち味のMF・DF


1996年に清水エスパルスに入団。


is.jpg


1997年にはワールドユースに出場し、フル出場を果たす。


2001年にストッパーからボランチへ転向し、
コンフェデレーションズカップにて日本代表デビューを果たす。


戸田は選手を罵倒するトルシエスタイルに納得ができず、
ある合宿でトルシエに直接意見をぶつけた。
「ああいうやり方は納得できない。僕はあなたが嫌いです」
トルシエは
ときに監督に反発してでも、
しっかりとした自己表現ができる選手である戸田を歓迎した。


2002年の日韓W杯では真っ赤に染めたモヒカンで観客の度肝を抜いた。
4試合にフル出場し、ベスト16に貢献。


toda1-1-3.jpg

また同年の清水エスパルスのファン感謝デーでは、
三つ編みにブルマー姿で登場し、
BOØWYのオンリーユーを熱唱した。


toda.jpg

当日はかなり早く会場入りし、リハーサルもばっちり行ったらしい。
アンコールの声が小さいと、
「そんなんじゃ俺のハートに火はつかないぜ」

と煽り、ファンの間に飛び込んでいったという。


d238c59207f0f7e3a7a5cda2e8b6df79.jpg


2003年、W杯の活躍により
イングランド・FAプレミアリーグトッテナム・ホットスパーに移籍。


2004年にはオランダ・エールディヴィジADOデン・ハーグに移籍。


いずれも出場機会に恵まれず、満足な成績を残せなかった。
「こんなくそみたいなサッカーをするチームで、
ちょっとしか出られない僕は
本当にくそなんだろうなと思いました。
こんなくそみたいなサッカーしかできないところで、
10分しか時間をもらえない自分は本当にくそなのかなぁと。
いろんなことに腹が立ちましたけど」
と語っている。


2004年のJリーグ2ndステージから再び清水エスパルスに復帰。
2005年には東京ヴェルディ1969に移籍したが、チームはJ2に降格。
2006年からはサンフレッチェ広島へ移籍し、現在も活躍中。


 


最強ブログ集団グーニーズ http://gooneeds.com

 009.jpg


スキラッチ(Salvatore Schillaci, 1964年12月1日  )


一瞬のプレースピードの速さでゴールを量産したストライカー。


1981年に地元のクラブチーム・パレルモでデビュー。
翌シーズンにメッシーナへ移籍し、


チームのセリエB昇格に貢献。
自身も1988-1989シーズンのセリエB得点王になる。


その活躍が認められてセリエA・ユヴェントスへ移籍。
15得点を挙げてチームのタイトル獲得に貢献した。


また1990年3月31日のスイス戦で代表デビューを果たす。
イタリアW杯では7試合で6得点をマークし得点王
に輝くとともにゴールデンボール賞を受賞し、イタリアを3位へ導いた。


061212-schillaci4.jpg


1992年、インテルへ移籍。


1994年からはジュビロ磐田でプレー。
また頭髪が薄かったため中山雅史は「ハゲラッチ」とあだ名していた。


1995年には福田正博に次ぐ31得点を挙げた。


1996年に元日本代表FWの武田修宏が磐田にレンタル移籍してきた。
開幕前の練習の際、紅白戦でスキラッチと武田はかなり激しくやりあっていた。
そしてついにスキラッチは我慢の限界に達してしまう。
武田は一瞬にして事態を察知し両手で押さえようとしたが、
そのまま頭突きをお見舞いされ、前歯を3本折ってしまう
その後スキラッチは
「このカード(Jリーグチップスのスキラッチ選手のカード)を
あげるから許してくれ」
と謝罪している。
こんな訳の分からない謝罪であったが
「シーズン中で試合も続いているので許すしかなかった」と武田は語っている。


schira.gif


1997年シーズン早々に腰痛が悪化して帰国。
そのまま磐田を退団して現役を引退した。


また引退後に植毛したらしく、髪が増えている。
磐田のJ昇格10周年記念イベントに参加した際、
磐田の松崎社長(当時)が
「体型の変わった人も、髪の増えた方も……」とコメント。
場内は笑いが起きた。


地元イタリアではサッカー番組に特別ゲストとして出演するのはもちろん、
バラエティ・ショーから、あらゆるイベントに出演。
しかも一部の女性からは
「スキラッチって男らしくってセクシーね」
という声まで上がっているらしい。


05020302.jpg


Jリーグ78試合56得点  イタリア代表16試合7得点


 


最強ブログ集団グーニーズ  http://gooneeds.com

donizete.jpg

ドニゼッチ (Osmar Donizete Cândido、 1968年10月24日-)


1996年、「黒豹」という異名を持つ
現役ブラジル代表ストライカーとしてヴェルディ川崎に加入。
三浦知良との強力2トップが期待された。


しかし日本のサッカーにフィットできず、シーズン途中に
「首都高の渋滞に我慢できない」
という理由で退団。


黒豹どころか「借りてきた猫」と言われた。


退団後の1997年にはクルゼイロから、1998年にはヴァスコ・ダ・ガマから
二年連続でトヨタカップに出場した。


Jリーグ14試合6得点  ブラジル代表10試合2得点


 



最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

matsuda01.jpg

松田 直樹(まつだ なおき、1977年3月14日 - )横浜FマリノスのDF(CB)


中学3年の時から「将来の日本代表」として中田英寿とプレー。
中田の数少ない理解者であり
「ヒデを殴れるのは俺だけ」と松田は語っている。
ワールドユース・アトランタオリンピック・シドニーオリンピックなどで活躍。


トルシエジャパン時代はフラット3と呼ばれる
3バックの右サイドで不動のレギュラーとして活躍。
2002年の日韓W杯ではベスト16入りに貢献した。
「出さなきゃ殺すというオーラがある」(トルシエ)、
「マツさんは『なんだテメー!』と言いながら上がってく」(稲本潤一)
と言われているように熱いプレーが持ち味。


L010607_007.jpg

ジーコ監督時代は日本代表復帰を望む声も根強かった。
中田や中澤がドイツW杯代表に松田を招集するように
ジーコに直談判したという噂もある。
しかしジーコに再召集されることはなかった。


また熱いプレーゆえ警告・退場が多いカードコレクターな選手でもある。
ついには解説陣も
「すっかりマリノスも10人で戦う事に慣れたようで落ち着いていますね~」
というコメントが飛び出すほどだった。


n_matsuda002l.jpg


そんな彼はいつも嫁さんに髪を切ってもらい、 失敗すると坊主頭になるらしい。


matu1-4-1.jpg


 


最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com

2692.jpg

中山 雅史(なかやま まさし、1967年9月23日 )


御存知 ゴン中山!ジュビロ磐田所属。ポジションはFW。
ゴールへの嗅覚にはすばらしいものがあり、
ゴール際での反応速度は世界トップクラス。
ギリギリのボールにも反応してゴールしようと試み、
少々のトラップミスも自らすぐに取りに行く、泥臭いゴールが良く似合うストライカー。


また、下手なタレントやアナウンサーでは太刀打ちできない巧みな話術を持っており、
場を盛り上げる技術の高さや軽快なトークはテレビなどでもおなじみである


1984年 藤枝東高校のエースとして活躍
1986年 筑波大学に進学


1990年 ヤマハ発動機に入社、サッカー部に入部。
当時はまだ実業団で、サラリーマン生活も経験。


1992年 広島で行われたアジアカップに日本代表として召集。
スーパーサブとして優勝に貢献する。
インタビューで「スーパーサブの立場とは?」と聞かれ
「僕はチームが下痢のときと便秘のときだけ使われる」
と答えている。


1993年 ヤマハ発動機サッカー部改め「ジュビロ磐田」が旧JFL1部在籍にもかかわらず、
中山はワールドカップ予選の日本代表に選抜。
この時「中山選手にとってW杯とは?」と聞かれ
「僕にとってW杯は、もうDカップやEカップなんて問題じゃない大きさです。なんせWカップですからね」
と答えている。


アジア最終予選では途中からスタメンに定着して獅子奮迅の活躍を見せる。
しかしイラク代表との最終戦で試合終了間際のロスタイムに
イラク代表チームの同点ゴールが入り、日本の予選敗退が決まった
「ドーハの悲劇」は有名である。


03103101doha_KYODO_MT217A30.jpg


また予選中その陽気なトークや熱意剥き出しのプレーがマスコミで話題となり、
一躍全国区の人気者となる。
またこの年、ジュビロ磐田は旧JFLで2位となり、
一年遅れながら悲願だったJリーグ昇格を果たす。


1997年 ワールドカップの日本代表の予選突破に貢献。
ジュビロ磐田のリーグ初制覇に貢献。


1998年 フランスワールドカップ日本代表に選出。
予選リーグで敗退したものの、3試合全てで先発し、
ジャマイカ戦で日本代表のW杯初ゴール・日本人初ゴールを決める。


 02051801nakayama_shootMT234510.jpg


中山は気力だけで戦い続け、相手選手との接触で
脚を骨折しながらもゴールを決めたことに日本中の誰もが感動した
(しかしこれは誤解で、骨折したのはゴールを決めたあと)
その脚で試合終了まで走り続けた事は、日本代表としての誇りと魂の象徴として、
今も語り草になっている。
本人は
「骨折しても走れるんだっていう事と、僕が感じたのは ”骨を折ってまで走ってはいけない” という事ですね。良い子はマネしないように」と語っている。 


また、同年のJリーグでは得点王を獲得。
4試合連続のハットトリックを記録し、ギネスブックに掲載された。


2000年 アジアカップ予選の対ブルネイ戦において、
試合開始3分15秒でハットトリックを記録し、
国際試合における最短ハットトリックとしてギネスブックに掲載された。
Jリーグでは自身2度目の得点王を獲得。


2002年 日韓W杯日本代表に選出される。
日本代表のワールドカップ初勝利となったロシア戦では後半途中からピッチに立つ。


同年、Jリーグの試合中 ジュビロ磐田のDF鈴木秀人選手がぶち切れて審判に暴言。「このアンポンタンがっ!」
胸のポケットに手を入れてながら鈴木選手ににじり寄る審判。
慌てて2人の間に入る中山雅史選手。
審判にむかって一言
「僕がアンポンタンですっ!」
その必死の形相とタイミングのよさに審判も苦笑い。
鈴木選手はカードをもらわずにすんだ・・・


2007年 40歳となる彼は、現在もジュピロ磐田で活躍中である。


Jリーグ通算 309試合 154得点


日本代表 53試合 21得点         (2006年12月30日 現在)


 


 


下の写真は来期J2の東京ヴェルディでプレーすることになった同僚。
ぜひともがんばってほしい。 


blog-hattori-bannai.gif



blog-hattori-akatsuka.gif


 


最強ブログ集団グーニーズ   http://gooneeds.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。